働 / WORK 働く

Problem

急速なテクノロジーの進化が、社会や、私たち人間の存在意義や価値観をも変えようとしている。

Our Answer

自然と仕事が
うまくいく働き方と
環境づくり。

IT、AI、AR、VR…急速なテクノロジーの進化は、社会を劇的に変え、私たち⼈間の存在意義や価値観をも変えようとしています。技術が進歩するほど、⽣活が便利になるほどに、失われていく⼤切なもの…。それは⾃然を⾝近に感じることで補い、回復することができます。

ビルの屋上や許可された公園で仕事をしたり、大自然が広がるキャンプフィールドの青空の下、テントやタープで会議をすると、いつもと違う視点やアイデアが生まれてきて、上司や部下といった立場を超えて、目的達成のために前向きで思い切った意見が飛び交う。

そんなスノーピークらしい、これからの働き方をご紹介します。

働く場所が
発想を変える

体験した人は、知っています。ビルの屋上や許可された公園で仕事をしたり、大自然が広がるキャンプフィールドの気持ちのいい青空の下、テントやタープで会議をすると、いつもの仕事に新鮮な感覚で向き合えたり、いつもと違う視点やアイデアが生まれやすくなること。

テントの中では自然な笑顔が増えるから、上司や部下といった立場を超えて、目的達成のために前向きで思い切った意見が飛び交います。

キャンピングオフィスでは、自然が仕事に意外な力をくれるのです。

屋内でも
テントで仕事

アウトドア空間を使って仕事をするキャンピングオフィスでは、オフィスの中にキャンプギアを取り入れたスペースをつくる屋内版も提案しています。

オフィス家具をアウトドア家具に変えたり、会議室をドーム型テントに変えて会議をするだけでも、不思議と緊張がほぐれて、関係性がフラットになり、いつもの会議に変化が起こります。

スノーピークの考える人間性の回復は、オフィスにも欠かせないのです。

焚火が
絆を強くする

キャンプの醍醐味は、焚火。キャンピングオフィスの醍醐味もまた、焚火です。

太古の昔から、人は揺らぐ炎を見つめて心を開き、想いを語り合ってきました。見つめるだけで癒される焚火の効能を、オフィスのチームワーク活性化に役立てない手はありません。

ひと仕事終えて、食事の後にみんなで火を囲めば、火の粉とともに飛び交う本音が、チームの絆を強くしてくれるはず。

「働」

テクノロジーの進化だけでは新しい価値は創造できない。
青空の下で働くことで紡がれる、人と人の絆から、
イノベーションを生み出そう。

Snow Peak Experience
スノーピークの取り組み