わたしたちは、
自然のエネルギーと
生きていく。

ひとりのキャンパーとして、自然と人、人と人、地球の未来を考えて
サプライヤーやユーザーのみなさまとともに、
持続可能な社会形成を追求していきます。

詳しく知る

scroll

なぜ今、自然のエネルギーが求められるのか。
自然がなければ野遊びができないという当たり前を
わたしたちは知っているからです。

Problem

解決すべき問題

度重なる自然災害。
私たちのフィールド・地球が
悲鳴をあげている。

太陽が昇ると目が覚め、日が沈むと眠くなる。
地球のリズムと心身のリズムがシンクロし、
「ああ、地球とともに生きている」という
幸福感を与えてくれるキャンプ。

行き過ぎた便利と多過ぎる情報に飲み込まれいつも何かに忙しく追われている気がする日々に、 次第に傷つき失われていく野生の感覚を、 私たちはキャンプという体験を広げることで、 その回復を目指してきました。

しかし今、その私たちのフィールドでもある 地球が悲鳴をあげています。

記録的な豪雨や猛暑などの異常気象。 気候変動を引き起こす地球温暖化は 私たち人類が向き合うべき大きな課題です。

最大の原因は大気中のCO2(二酸化炭素)が増えたこと。

CO2を含む温室効果ガス排出源割合24%は 電力によるものだと言われています。

Our Answer

わたしたちの答え

スノーピークに関わる電力を「自然エネルギー」に転換。まずは、私たちのフィールドから。

社会や経済の土台となる環境を守りながら、 文明と自然が共生していくために、 全国10カ所の主要拠点や直営キャンプフィールドの電力を
CO2排出量ゼロの自然エネルギーに切り替えます。

また、スノーピークの代表商品「焚火台」を製造する自社工場を始め、 今後は外部サプライヤーへ電力切り替えの協力を依頼するとともに、 物流経路の短縮を通じた環境負荷の少ないサステナブルな サプライチェーンを追求してまいります。

さらに、電力や自然エネルギー、 環境理解を深めるイベントなども開催することで、 ユーザーをはじめ世間への認知を高め、 環境保全へ貢献してまいります。

野遊びは、地球という惑星が育んできた 自然がなければ楽しめません。

だからこそ私たちは キャンパーとして自らの製品や活動において、 常にサステナビリティを意識し、 より良い未来に貢献したいと心から思っています。

その他の取り組みはこちら

新潟県三条市・スノーピークヘッドクォーターズキャンプフィールド

「自然エネルギー」を、
新潟のHEADQUARTERSから全国へ拡大。

2011年、スノーピーク初の直営キャンプフィールド「Snow Peak HEADQUARTERS Campfield」を開業した際、社屋に太陽光発電パネル(1.5m×1m/240枚)を設置し、電力の一部を賄っていました。

スノーピークの
直営キャンプフィールドと主要拠点は
CO2排出量
ゼロへ

あれから10年、直営キャンプフィールドは全国に広がりました。
地球への負荷を減らしながら、一人でも多くのみなさまに野遊びを楽しんでいただきたい。そんな想いから、私たちはほぼ全ての直営キャンプフィールドと主要拠点の電力をCO2排出量ゼロの「自然エネルギー」に順次切り替えてまいります。

※直営キャンプフィールドは全国8カ所ございますが、北海道はみんな電力の供給エリア外のため「スノーピーク十勝ポロシリキャンプフィールド」は今後切り替えの検討をおこなってまいります。
主要拠点 所在地 切替時期
Snow Peak HEADQUARTERS 新潟県 2021年7月予定
Snow Peak Operation Core HQ2 新潟県 2021年7月予定
Snow Peak Business Solutions(本社) 愛知県 2021年6月予定
キャンプ場・店舗 所在地 切替時期
スノーピーク 太宰府 福岡県 2021年1月
スノーピーク 箕面キャンプフィールド 大阪府 2021年1月
スノーピーク おち仁淀川キャンプフィールド 高知県 2021年2月
スノーピーク かわの駅おち 高知県 2021年2月
スノーピーク 土佐清水キャンプフィールド 高知県 2021年2月
スノーピーク ランドステーション 白馬 長野県 2021年3月
スノーピーク 奥日田キャンプフィールド 大分県 2021年3月
Snow Peak HEADQUARTERS Campfield 新潟県 2021年7月予定
お湯が使える炊事場や、シャワーなど、大人からちいさな子どもまでにやさしい設備の整った高規格なキャンプフィールドを運営するために電力を使用しています。

SNOW PEAK CAMPFIELD

CO2を排出せず環境にやさしいスノーピークの直営キャンプフィールドを
ぜひ利用ください。

キャンプフィールド一覧はこちら

「自然エネルギー」を供給するパートナー“みんな電力”について。

みんな電力は、畑の農作物と一緒に太陽をシェアする発電所や、津波の被害にあった土地を活かした発電所など、日本各地の発電所と契約しています。それらの電気は「顔の見える電力™」として、オーナーの顔や思いを公開して供給しています。お取り組みをさせていただく大きなポイントは3つあります。

Point 1 トップクラスの自然エネルギー比率
石油や石炭、天然ガスといった有限な資源である化石エネルギーとは違い、CO2を排出しない太陽光や風力といった、地球資源の一部など自然界に常に存在する自然エネルギーを使用しています。
Point 2 供給元の指定・地域への貢献
みんな電力はブロックチェーンを活用した独自のシステムで「どの電源からどれだけ電気を買ったのか」を証明しています。この技術で、みんな電力が契約している日本各地の発電所を指定して、スノーピークは電気を購入することが可能に。電気の生産者にきちんと電気料金が届くことで、地域や産業の発展を支えることができるのです。
Point 3 消費者と生産者をつなぐ活動に賛同
スノーピークは「自然と人、人と人をつなぐ」をミッションとして、キャンパー同士だけではなく、地域の生産者と消費者をつなぐ活動やイベントも積極的に行っています。人の魅力に気づき、その土地の文化や豊かな自然とつながることで、あらゆる価値観をいい方向に変えていくと信じているからです。みんな電力も「顔の見える電力™」を通じ、電気の取引をきっかけとした地域と地域、人と人のつながりを生み出してきました。思いの通ずる両社が連携することで、電力を通して生産者と消費者をつなぐ新たな活動に取り組んでいきます。

みんな電力 公式ウェブサイトはこちら

HEADQUARTERSは、
「自然エネルギー」の地産地消へ。

2021年7月より、HEADQUARTERS(新潟県三条市)と、オペレーションコア HQ2(新潟県見附市)の使用電力を、木質バイオマス発電による電力へ切り替えを行います。この電力は、新潟県三条市にある発電所から供給を受けています。「顔の見える電力™」の確かなつながりを大切にしながら、電力の地産地消で地域貢献をしてまいります。

三条保内発電所
(SGETグリーン発電三条合同会社)

新潟県三条市
バイオマス発電とは

動植物などから生まれた生物資源を使った発電方法のこと。 生物資源を燃やしたり、ガス化することで熱や電気を生み出します。間伐材などは燃やすとCO2を出しますが、成長過程で大気中のCO2を吸収するので、プラスマイナスはゼロになります。

自然エネルギー
からできた
電気

生産者の「顔が見える」食べものと同じように、「顔が見える」電力の生産者を選ぶ。