トップウォータールアー好きはデザインにこだわる釣りマニアが欠かさないフィールドウェアとは

遊び心満載のルアーでお魚さんと真剣勝負!

気の合う仲間、Snow Peakの仲間、時にはお客様とも船に乗って、淡水魚をトップウォータールアーオンリーで釣る遊びをするのが、私の主な休日の過ごし方。

いつも使っている疑似餌となるルアーデザインは、川に住んでるお魚さんが普段捕食してないような

“なるべく餌っぽくない“
”地球上に存在しえないデザイン“
“こんなので釣れるの”
“キャーかわいい”

なんていうものばかりで、虫餌といったリアルでいかにも釣れそうな餌ではなく、「このルアー、このタックルで釣りたい!」と思うような、釣り人のわがままに合わせたフィッシングスタイルが好きなんです。

“sillystyle(シリースタイル)”で大物ゲット(できれば世界記録!!)を狙っております(笑)

ポップでエッジのきいたデザインばかりのルアーたち

タックルデザインも機能とは程遠い、まるで洋服を着飾るような色とりどりの個性的なデザインのものばかり。「道具は遊びの目的を果たす手段なんです」なんていつも自信満々偉そうに言ってますが、自分の趣味となるとデザイン重視の真逆のこと言ってますね(笑)

自然相手の生き物相手なので、釣り人のわがままだけでそう簡単には相手はしてくれません。お魚さんも必死です。朝から晩まで何百投もキャストしても反応がないこともあります。
ルアーがルアーなだけに当たり前かもしれませんね(笑)

フランケンシュタインデザインのルアーで、お魚さんといざ勝負

トップウォータールアーでお魚を釣るコツは、

<1>お魚さんが姿を隠して獲物を狙っているところを予測して、その場所を見つけること
<2> その予測したお魚さんがいるであろう場所に正確にルアーをキャストすること
<3>そこにいるお魚さんが食べたい&おいしそうと思う、もしくは、自分のテリトリー入ってきて邪魔だと口で威嚇攻撃したくなるルアーデザインであること

が大事です。私の場合は、3番目はあまり気にしてないですけどね(笑)
「この3つのコツの答えがすべて正解であれば、釣果につながるんだ」と釣り大先生が仰ってました。

この釣りの最大の魅力は、常にルアーが水面を浮いている状態なので、お魚さんが水面を割ってルアーを食いつく瞬間(バイトといいます)が目で見えること。その瞬間を目にすると興奮してしまい、全身で思わずドタバタしてしまいます(笑)これがやめられない大きな理由だと思います。

釣りのフィールドに欠かせないSnow Peakアパレル

釣りの道具はおふざけの過ぎる愛嬌のあるデザインのものばかりですが、やっていることは真剣そのもので、時には、雨、風、寒暖の激しい時期にフィールドに出かけることも多く、防風、撥水素材のアウターは必需品です。フィールドで着用するアパレルは、目的を果たす手段であり、しっかり機能することが重要。

ソフトシェルのような、ストレスを感じさせない着心地の2.5レイヤーのハードシェルストレッチレインジャケットなら快適に釣りを楽しめます。

高性能なアパレルを着用することで過酷な自然環境の中でも快適に過ごすことができ、よりいっそう釣りに集中することができます。そしてSnow Peak アパレルなら、機能性に加えて、他にはないデザインで楽しみながら着用することができます。何事も体験価値重視の自分にとって、Snow Peak アパレルはなくてはならない存在です。

しもじま・かずひろ/アウトドア、キャンプ、Snow Peak好きは超越していると自負しており、日々店内外でアウトドア、キャンプ、Snow Peakの世界観を提案し続けています。非キャンパーだった方が、野遊びをした後に人生観やライフスタイルが変化し、人間性の回復を成し遂げるところに貢献できることが何よりの喜びであり、自分の存在意義だと思っています。