「爽醸 久保田 雪峰」と合わせたいおつまみレシピ旨味たっぷり!「エビとスナップエンドウのレモンバターグリル」

素材の旨味がたっぷりのガーリックシュリンプ。
粗挽き黒こしょうを効かせれば、「爽醸 久保田 雪峰」と一段とマッチします。

■材料(約2人分)
 
・ブラックタイガー:12〜14尾
・スナップエンドウ:100g
・ミニトマト:10個
・有塩バター:30g
・にんにく(みじん切り):4片分(20g)
・パセリ(みじん切り):適量
・粗挽き黒こしょう:適量
 
A-レモン汁(くし切りにしてしぼる):1/2個分
 -マヨネーズ:大さじ2
 -しょうゆ:小さじ2

 

■作り方
 
①ブラックタイガーは尾だけ残して殻をむき、背側に切り込みを入れて水で背わたを洗い流す。スナップエンドウはへたと筋を取り、ミニトマトはへたを取る。
 
②ボウルにAを入れ、混ぜ合わせる。
 
③温めたフライパンにバター、にんにくを入れる。バターが溶けたら①の具材を入れ、中火で4〜6分全体に焼き色がつくまで炒める。
 
④火を止め、Aを加えて全体に絡ませる。パセリ、粗挽き黒こしょうを散らす。

 
 
〈ポイント〉
・生レモンの爽やかな酸味が、バターの香りとうまみをより際立たせてくれます。
・最後のタレはレモンの酸味が飛ばないように、火を止めてから加えましょう。
 
 

  
ビールや炭酸系のお酒と相性の良さそうなガーリックシュリンプですが、タレにしょうゆと加えることで日本酒との相性がグンと高まります。
簡単に作れて、見た目も華やか。アウトドアシーンでぜひお試しください。


「爽醸 久保田 雪峰」は、爽快でフレッシュな香りとほんのりと広がる米の旨味が特徴。10〜15℃でキレを、常温で華開く香りを感じていただけます。


1988年神奈川県川崎市生まれ。和食料理人である父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。きき酒師の上位資格である日本酒学講師を当時史上最年少で合格。スポーツをこよなく愛し、トライアスロン エイジグループ日本代表でもある。