【活用例】from STAFF家づかいしたいキャンプ道具。

Prologue

機能美にこだわり、使い心地もいいスノーピークのキャンプ道具。実は、キャンプだけでなく、普段の生活に取り入れている方もけっこう多いのです。おうち時間に上手にとりいれるポイントを5つご紹介します。


Point.1
収納性に長けているクックウェア。

料理をおいしくつくるための機能性はもちろん、収納性も長けていてるクックウエア。キッチンでも場所をとりません。キャンプと兼用で使っている人はもちろん、自宅用に別でそろえている人もいるくらい、支持されています。


Point.2
大皿料理で、家でもキャンプ気分。

みんなで取り分ける大皿料理の器に、来客用の取り皿やカップにと、キャンプで使うテーブルウエアは家庭の食卓でも大活躍してくれます。雰囲気だけでもアウトドアな気分が加わって、食事の時間がより楽しくなりますよ。


Point.3
リビングでファニチャーをつかう。

スノーピークのファニチャーは、大自然の中で心地よく使えることにこだわって設計されているので、お家づかいでも快適です。お手入れもしやすく、アフターサービスも整っているので、多少の汚れやキズも気にせずお使いいただけます。収納性に長けているので急な来客時などにもおすすめです。


Point.4
ベランダや庭に持ち運ぶ。

持ち運びやすいもしやすいので、その日、その時の気分に合わせて自由にレイアウトできるのが、アウトドアファニチャーのいいところ。天気のいい日には、縁側やお庭にテーブルとチェアを広げてみる。いつものリビング空間とはまた違った、リラックスした時間を過ごせますよ。


Point.5
見せる収納としてつかう。

洗練されたデザインに仕上げているスノーピークのキャンプ道具は、お部屋のインテリアにもよく合います。ラックやコンテナは、そのまま見せる収納としても活躍。持ち運びもしやすく、模様替えやお掃除の際にも手間取りません。


Epilogue

いかがでしたでしょうか。暮らしの中に少しだけアウトドアなアクセントが入ることで、魅力的な空間を演出してくれますよ。せっかく手に入れたキャンプ道具。ぜひ、おうち時間にお試しください。