Snow Peak Eat おすすめレシピココットラウンドでつくる、若鶏のフリカッセ(クリーム煮)

Snow Peak Eat スタッフが、スノーピークギアを使ったおすすめレシピをご紹介します。
今回は、旨みを閉じ込めるのが得意な鋳物鍋「ストウブ ココットラウンド」の特性を生かした、フリカッセです。

■材料(二人分)

鶏もも肉:1枚
鶏むね肉:1枚
バター:20g
マッシュルーム:1パック
季節のお野菜 (ナス、ズッキーニ、アスパラなど):適宜
ニンジン:1/2本
タマネギ:大1/2個
にんにく:2片
小麦粉:20g
白ワイン:150cc
牛乳:150㏄
生クリーム:200cc(乳脂肪のもの)

■作り方

※下準備※
・タマネギはみじん切りにしておく。
・鶏もも肉は4つに切り分け、鶏むね肉は半分に切り、それぞれ塩を両面に振る(塩の目安は鶏の重量の約0.6%)。
・マッシュルームは四つ割りに、ニンジンは食べやすい大きさにカットする。
・ナス、ズッキーニ、アスパラは親指大くらいの大きさにカットする。

①冷たい状態の「ココットラウンド」に鶏むね肉と鶏もも肉を皮目を下にして並べ、中火にかける(鶏から脂が出るので油は敷かなくて大丈夫)。

きつね色に鶏肉が焼けてきたら、別皿に移す。

②1の鍋に白ワインを入れ、沸騰させて鍋についた焦げ(鶏の旨み)をこそぎ取る。しっかりとアルコールを飛ばしてから、別皿に移しておいた鶏肉に回しかける。

③②のココットラウンドにバターを入れる。バターが溶けたら、タマネギとニンニクを炒め、透き通ってきたらマッシュルームとニンジン、小麦粉を入れ、炒める。ココットの底に小麦粉がくっつきやすいので、剥がしながら炒めていく。

粉っぽさがなくなったら、牛乳を注いで沸騰させ、トロミがつくまでヘラでよく混ぜる。

④別皿に移しておいた鶏肉を白ワインとともにココットに戻し、生クリームを加えて、5分ほどコトコト煮る。

さらにズッキーニ、アスパラ、ナスを投入し、蓋をして5分煮込み、最後に塩コショウで味を調えて、できあがり。

バターライスを合わせるのが定番。ココットラウンドのままテーブルにサーブすれば、食卓も華やぎます。

■ポイント

「フリカッセ」とは、フランス語で「軽い煮込み」のこと。鶏肉は、長く煮ると硬くなりやすいので、煮込みすぎないよう注意しましょう。

■今回使ったアイテム

STAUB社とのコラボレーションにより誕生した、美しいホーロー鋳物鍋「ココットラウンド」。
STAUB社製の鍋特有の、蓋の裏にある「ピコ(突起部分)」が、旨みと香りを閉じ込めた水蒸気をキャッチし、「アロマレイン」という水滴を食材全体に降り注ぎます。これにより蒸し焼きの状態が保たれ、お肉はしっとりジューシーに仕上がります。
蒸気が逃げないため旨みをギュッと閉じ込めた無水調理も可能です。

くぎもと・ゆういち/大阪府堺市生まれ。キャンプ好きな家族のもとで自然に揉まれ、アウトドアでの調理が野生を呼び覚ましました。料理が大好きでコックさんを志し渡仏。帰国後レストランを渡り歩き、2019年スノーピークに入社。スノーピークらしい食を探求中です。