noasobi essey scene 10「 磯場にて。」

夏の終わり、僕は本州最北端の地、下北にいた。

あてにしていたキャンプ場は閉鎖されており、やむなく磯の高台に少しだけ残った緑地にテントを張った。
早速今晩のおかずにと、嬉々として竿を出したものの釣れるのはフグばかりで、1時間もすると嫌になって止めてしまった。

それならせめてツマミにと、磯で貝を探しはじめたがいるのは1cmほどの巻貝だけ。
でもないよりはマシと思うことにして、大きいのを選びながら30個ほど採り海水で茹でた。

ツマヨウジでほじくりながら口に運ぶと、思いのほか旨い。

途端、頭の中に渦巻いていたマイナス思考は姿を消し、元気になった僕はさらに貝を採るべく磯に向かった。


2008年「Snow Peak Outdoor Lifestyle Catalog」掲載。
この連載では、2004年から「Snow Peak Outdoor Lifestyle Catalog」で掲載していた記事を再掲しています。