“寒い…ツラい…”を回避!ポイントをおさえて楽しむ、あったか冬キャンプ。

冬キャンプならではの魅力

紅葉に染まるキャンプフィールドも一気に冬へ向かい寒さが厳しくなるこのシーズン。
北国生まれの性なのか?空気が凛と張りつめる、これからの季節が大好きです。

ただ残念なことにこれからの季節は、キャンプフィールドの来場者も寂しくなっていきます。静かなキャンプフィールドも良いのですが、キャンプフィールドで働く身としては、この季節のキャンプの魅力をお伝えできていないのかなぁ~とも思ってしまいます。

たまにお客様からも「冬キャンプのどこが良いのですか?」と尋ねられることがあるのですが…、

・虫が少ない
・1年で最も星空が綺麗に見える。
・火の温かみを感じられる。
・雪中キャンプなら雪遊びも楽しめる
・キノコや牡蠣など季節の味覚を楽しめる。

などなど楽しみはいっぱいご案内できます。ですが、知らない方にはまだまだ「寒くてツラい」というイメージが強いようです。

準備不足でまさに“修行”だった初めての冬キャンプ

かく言う私も初めて冬のキャンプを体験した時は、装備もろくに揃えず、「何とかなるだろう」と甘く考えて行ってしまったものです。

職場の先輩に連れて行っていただいた初めての雪中キャンプだったのですが、雪を掘ってその中で寝袋に包まれば意外と温かいと聞き、春夏用の寝袋で強行してしまいました。
結果は言わずもがな…。寒さに凍えて一睡もできず、水の冷たさに手もかじかみ、洗い物の最中も修行をしているような思いをした記憶だけが残っております(笑)。

寒い季節のキャンプを快適に楽しむには、準備が肝心。
みなさんが私のような思いをされないよう、冬キャンプを快適に過ごすちょっとしたコツをご案内できればと思います。

冬キャンプをする時に準備してほしい装備

まずキャンプ道具に追加していただきたいアイテムですが、何はともあれ寝袋の衣替えからおすすめいたします。家でも冬には厚手の布団に替えますよね。
気温に応じて中綿の量や、素材の選択をしましょう。今からの季節にぴったりなのはスノーピークの「グランドオフトン」です。エアマットとダウンたっぷりの「掛け布団」のセットで、保温力はもちろん、起床の際には家の布団と錯覚を起こしてしまうくらいの寝心地のよさが魅力です。

この寝袋であれば、上級キャンパーにはお馴染みの「コタツ仕様」(シュラフをIGTで組んだテーブルの上に掛けて、マルチファンクションテーブルをのせた即席コタツ)にすることも可能。コンセントが設置されているキャンプサイトなら、ホットカーペットを敷いて、さらに暖かくお座敷スタイルを楽しめ、非日常の中で日常のくつろぎを体験できます!

また、冬キャンプは何かと道具が多くなりがちですが、ストーブと調理器具の機能を併せ持つスノーピークの「タクード」は逸品です。冬といえば鍋料理はもちろんですが、冷めかかった珈琲も天板に少しの間のせておくだけで熱々になるため、ずぼらな私にとっては便利なアイテムです。

そして、どうしても外せないアイテムは、焚火台!
焚火をしたいが為にこの時期にキャンプをする方も多いはずです。火を囲んで家族や友達と団らんする時間は、非日常の最たる体験かと思います。キャンプイベントでも焚火のかたわらでは初対面の人同士でも自然に距離が縮まる雰囲気になるのです。
個人的に一番の至福のひと時は、焚火にあたりながらチェアでまどろむ時間です。

冬キャンプをする時に注意すべきポイント

たくさんの魅力がある一方で、冬キャンプには危険も潜んでいますので、そちらでいくつかご案内いたします。

・暖房器具の使用方法
基本テント内は火器厳禁ですが、使用可能なストーブでも換気はこまめに行いましょう。低温やけどの危険もある電気カーペットは、タイマーを使用するなどして、電源を入れっぱなしにしないこと。焚火の火の粉対策のため、服装にも気を付けるなど、正しい知識と正しい使用方法に基づいた寒さ対策をおすすめいたします。

・冬用タイヤの用意
雪の降らない地域でも、路面が凍結する恐れがあります。冬タイヤを装着し、キャンプ場周辺の道路状況は事前に確認をしましょう。

・燃料の選択
気温が低い冬では、バーナーやランタンなどの燃料となるガス缶が使用できない場合があります。低温でも安定した寒冷地仕様の燃料を用意しましょう。

カタいお話になりましたが、きちんとした知識を持っていれば、冬キャンプも快適に楽しむことができるのです。ちなみにこの季節になりますと、スノーピーク箕面キャンプフィールドのスタッフキャンプでは、恒例の牡蠣を味わうキャンプが行われます。牡蠣の美味しさを知ったのもそのキャンプのおかげかもしれません。

 
いや~。今この文章を書いている最中もいろいろと妄想が浮かび、キャンプに行きたくなってしまいます。
まだ躊躇している方は、是非スノーピークのキャンプフィールドへお越しください!
この時季にしか味わえないキャンプを一緒に楽しみましょう!

すえおか・ひろたか/北海道生まれの東京育ち。キャンプ場勤務、アウトドアメーカー営業とアウトドア業界を渡り歩く。若かりし時に旧本社のショールームを訪問した際にプロダクトデザインと職人品質が合わさったスノーピーク製品に感銘を受け、スノーピークHQキャンプフィールド開設時に転職。現在は、スノーピーク箕面自然館・キャンプフィールドの運営業務に従事。趣味はトレイルランニングですが、今は走れず、ただの山歩きに(笑)。いつもお供にチタンクッカーとギガパワーマイクロマックスをバックパックに潜ませております。