【開発秘話】品質に、情熱を。ソリッドステーク

燕三条の鍛造技術が生んだ最強ペグとハンマー。

芝生や土、雨の影響で柔らかなフィールド、または火山灰や火山岩の地質のように固いフィールドでも確実に地面に食い込み、雨や風などの自然の猛威に対してもタープやテントをしっかりと支え、キャンパーを守ってきた鍛造ペグ。それがソリッドステークだ。

高温で熱せられた鉄棒を叩いて成型する“鍛造(たんぞう)”で製造された最強ペグは、キャンプシーンに不可欠な存在だ。

そして、ソリッドステークを確実に打ち込むために開発されたのがペグハンマー。本体をソリッドステークと同じく鍛造で作り上げることで、振り上げたパワーを確実にペグに伝える。

スノーピークを代表する製品だ。

そんなソリッドステークが生まれた背景にある、圧倒的な情熱のストーリーをご紹介しよう。

強靭なタープを支えるために生まれた鍛造製のペグ。

1995年、スノーピークは、鉄の棒を高熱で熱し、叩いて成型する“鍛造”という製造方法を新型のペグ・ソリッドステークに採用した。

背景には、その前年、現在のタープの基準としている210D(デニール)のヘビーな生地を採用したヘビータープの生産を始めたこと、そして、強靭なヘビータープを支えるために、軽量かつ高い耐久性を備えたアルミニウム合金(直径30mm)を採用したウイングポールをリリースしたことが挙げられる。

雨風などによる衝撃やストレスは、ウイングポールからロープを通し、ペグに伝わるため、ヘビータープを支えることのできる最強のペグが必要になったのだ。

フィールドのコンディションに関わらず、固い地質でも確実に食い込み、打撃に耐えるペグが開発のコンセプトに決定。

そして辿り着いたのは、スノーピーク本社のある新潟県三条市で代々受け継がれてきた鍛造の技術だった。

卓越した技術が集積する、燕三条。
この街だからこそ生まれたソリッドステーク。

ソリッドステークは、スノーピークの本社がある新潟県三条市にある鍛造工場で作られている。鍛造とは、高熱処理を施した鋼を打ち叩き、強くすること。叩いて圧力を加えることでより強固な固体へと成長させる金属加工の一種で、日本刀などに古くから用いられてきた技術だ。

ソリッドステークを製造する工場では、高熱処理の段階で誘導加熱炉という電気炉を使用。安定した温度管理ができるため、精密さが問われる製品にも対応可能で、鋼材の肌も滑らかに仕上がる。

滑らかなことは、その後の作業工程にも影響する。ひとつひとつの工程の精度と効率を高めることで、より良質で多くの製品を産むことができるのだ。

昔からの技術をいかに進化させるか。
職人自らが研究を重ねる日々。

表面を滑らかにするバリ磨り(すり)は、専門の“磨き屋”が行うことも多い作業。しかし、1日に上げられる本数には限りがある。そこで、金型のメンテナンスをこまめに行うことで、バリを出さないようにした。

ひと手間無くすことで、大量生産が可能になった。「そういった研究は日々行っています。昔からの技術をいかに時代に寄り添って進化させていくかが重要。柔軟な対応を意識し、製品にかかわるすべての人達と切磋琢磨していけたらと考えています」と職人は語る。

ペグにバリがあればケガのもとにもなり、ロープが切れる恐れもある。この製品が、どのような状況でどのように使われるかを職人自らが理解し、スノーピークの想いに共感してくれるからこそ生まれる製品なのだ。

力を確実に届けるためのデザイン。
最強ペグの相棒ペグハンマー誕生。

ソリッドステークのヘッド打撃面は、円柱形に成型しており、打撃時にハンマーが滑りづらく、力が分散せずに伝わるように設計されている。打撃力を確実にソリッドステーク本体に伝えるため、無駄なパワーを必要としない。

また大型のフックは、ヘッドが地面に食い込むと同時に地面に刺さるので、ペグ本体が回転せずロープ抜けを防止する。

ソリッドステークが誕生した翌1996年、それを打つために開発された専用のペグハンマーがリリースされた。鍛造の本体に銅ヘッドを備えたペグハンマーPro.Cと鍛造のみのペグハンマーPro.Sの2モデル。

本体をソリッドステークと同じく鍛造で作り上げることで、振り上げたパワーを確実にペグに伝える。

また、ペグハンマーPro.Cは、ヘッドに備えた銅自体が軟らかい素材なので打ち込んだ際の衝撃を緩和し、打撃角度が多少ずれてもしっかり食いつく。使えば使うほど潰れて変形していき、世界に2つとないオリジナルハンマーになるのだ。

さらに銅の部分だけ交換が可能なので、柄が折れない限り一生使える。

また、打つだけでなく、地中からペグを抜くのも得意としている。ペグハンマーPro.の後部にはフックとホールが設けられている。

フックはソリッドステーク全種のホールにフィットし、ペグハンマーPro.のホールはジュラペグなどの小型ペグを確実に、かつ安全に抜くことができる。

ヘビーなソリッドステークから細いジュラペグまで柔軟に対応する。

–それぞれの製造工程–

スノーピークの本社がある新潟県三条市の鍛造の技術を用いてソリッドステークとペグハンマーは作られています。それぞれの製造の過程をご紹介します。

ソリッドステーク

1.高熱処理
棒状の鋼材を高熱の炉の中にゆっくり潜らせると、銅材が真っ赤な状態に加熱されます。
気温や機械のコンディションを見極めて、常に一定の仕上がりを保つ微妙な温度調節が求められる作業です

2.鍛造
炉を出た鋼材は、火花と一緒に高圧エアーで動く巨大なハンマーで数回打ち据えて、鍛えながら成形します。1本の鋼材から、ソリッドステーク30が2本作られます。

3.トリミング+塗装
鍛えられた“ペグの素"を、プレス機でペグの形に切り取ります。
ヘッド部に丸ホールを開け、最後に黒電着塗装を施せば最強ペグの誕生です。

ペグハンマー

1.鍛造
鍛造のハンマーのヘッドは丸みを帯びた型ですが、フックは平らな型をしています。これは鍛造時、鉄が真っ赤に熱されている間に、あえて二度プレスをかけているためです。この作業によって、地面深く突き刺さったペグを回しながら引き抜くとき、回転させやすい角度になります。

2.銅ヘッド
ペグハンマーPro.Cのヘッドの素材には、柔軟な銅を使用しています。打ち込み時にペグのヘッドに対して滑ることがなく、また手への衝撃を緩和します。

3.かしの木を使用した木柄を削り出す
木柄の素材は堅くて弾力性のある天然の“かしの木”。柄のサイズにカットされた“かしの木”の木目を選定し、削り出します。さらに、サンドペーパーで角を落とします。木柄のグリップ部分にプレス機械を使ってローレットの切り込みを入れます。この後にクリア塗装を施してヘッドとベルトを着けて完成です。