今年の夏は、
キャンプで最高の思い出を。

自然がいちばん元気な季節。
大切な人と一緒に過ごせる夏は、
長いようで意外と短いものです。

だから今年こそ、思い立ったらいますぐにでも、
徹底的に夏を味わうキャンプをはじめましょう!

川遊びに、夏野菜とBBQ。そして満天の星空。
キャンプの記憶は、一生の思い出になります。

家族と。恋人と。親友と。ワンちゃんと。
誰と行くかが決まったら、ぜひスノーピークへ。
私たちスタッフが、いつまでも心に残る、
すてきな夏の思い出づくりをお手伝いします。

夏キャンプの、ここが最高。

日常を離れ、涼を求めて山へ、川へ。
暑い季節も、過ごし方次第で楽しみは無限大。
夏ならではの体験で、最高のキャンプデビューにしましょう!

まず知っておきたい、
キャンプの基本。

キャンプを始めるにあたって、まずは基本的な道具の考え方をお伝えします。
スノーピークのギアは一生モノです。だからこそ「こんなキャンプがしたい!」というイメージに合わせて、
あなたにぴったりの道具を選びましょう。

これらテントやタープを張り、
生活の拠点とする
スペースのことをサイトといいます。
快適なサイトで
最高の思い出をつくりましょう!

はじめての
キャンプ用品選び

「ファミリーキャンプを始めたいけど、まず道具は何を揃えたらいいの?」
今回はそんな疑問にお答えするため、「泊まるところ」「食べるところ」
「寝るところ」「着るもの」の4つのステップでご紹介いたします。

子どもに火遊びを教える。
それが一生の思い出になる。

あかあかと燃える、アツアツの炎。もくもく煙って、パチパチはぜる。
焚火って視覚も、触覚も、嗅覚も、聴覚も楽しく刺激してくれるんです。
夏のキャンプ場も、夜は意外と寒いから、
焚火台で炎のありがたさとあぶなさを子供にしっかり教えましょう。
学校じゃ経験できないエキサイティングな勉強です。
ごほうびには焚火で焼きマシュマロ。味覚まで刺激されて、最高の思い出の完成です。

燃焼部分の底上げをし、効率のいい燃焼を促すプレート、炭床。
焚火台の下に敷き、焚火台の放熱を緩和させ、芝や微生物を守る、ベースプレート+スタンド。
スタイルやシーンに応じた組み合わせで。

スノーピークの焚火台には、美味しい食事を作れるさまざまなオプションもそろえています。
グリルブリッジと焼きアミを用いれば海鮮BBQも楽しめますよ。

  焚火台 M

ST-033GBR

焚火台 グリルブリッジ M

¥4,800
焚火台 L

ST-032GBR

焚火台 グリルブリッジ L

¥5,400

ST-033MA

焼アミ Pro.M

¥4,700

ST-032MA

焼アミ Pro.L

¥5,600

S-029HA

焼アミステンレスハーフ Pro

¥3,600

S-029HD

グリルプレートハーフ 深型

¥3,500

GR-006

グリルプレート黒皮鉄板

¥3,790

食事をつくり、食べ、団らんの時間を過ごす。
楽しいキャンプに欠かせないタープ。

炎天下で暑さに苦しんだり、突然の雨で楽しい時間が台無しになったりしないように、
日差しや雨風から身を守り、快適なリビング空間をつくるタープ。
キャンプにおいてテントと同じくらい重要なアイテムです。

比較的設営しやすく、開放感のある、オーソドックスなオープンタープ。
タープで作った日陰に風が抜けることで暑い季節も涼しく過ごせます。
UVカットや撥水加工を施し、強風にも耐える高い縫製技術を駆使しています。

高機能・低コストを実現した
渾身のエントリーモデル。

圧倒的に設営のしやすいアーチフレーム型のテントと、定番のヘキサタープをセットに。高い品質基準をクリアしながら、比較的手の届きやすい価格帯を実現しました。家族での「初めて」のキャンプにぴったりなアイテムです。

SET-250H

エントリーパックTT

¥49,800(税別)

使用人数

4〜5

設営時間

30〜40

オンラインストアで見る特設サイトはこちら
  • POINT 01

    テント&タープがセットに!

    キャンプに欠かせない、寝室となるテントと快適なリビングをつくるタープが5万円以下でそろう、大変おトクなセットです。「キャンプにトライしたい。でもどれだけやるか分からないから、初めは低予算で始めたい…」、とお考えの初心者さんにぴったり。過剰な機能を省いた設営しやすい設計のうえ、キャンプ未経験の方でも安心して始められるよう、よくわかる設営動画も公開していますのでぜひ参考にしてみてください。

  • POINT 02

    居住性・快適性に優れた「オーバーラップシステム」を採⽤。

    エントリーパックTT専⽤のドッキングベルトを使⽤することによって、テントの⽬の前にタープを張ることができます。テントの⼊⼝と、タープを無駄なく重ね合わせられるため、寝室とリビングの居住性、快適性が格段にアップします。タープは単独でも使えるので、キャンプサイトの広さやお好みに合わせたレイアウトのアレンジも可能です。

  • POINT 03

    テントやタープ単体で、デイキャンプ使用もOK。

    テントとタープそれぞれ単体でも活躍するので、まずはデイキャンプから始めてみるのもいいでしょう。タープは「アメニティタープヘキサLセット」と同等の機能を備えており、UVカットや撥水加工を施し、強風にも耐える高い縫製技術を駆使しています。テントは、インナールームが取り外し可能で、外側のシートのみでシェルターとして使えます。特に肌寒い季節のデイキャンプには、外気を取り込みにくいシェルターがおすすめ。どちらもキャンプ初心者にとって必要十分な、スノーピークが求める高い品質基準をクリアしています。

虫が気になる方も安心。
大判メッシュを備えたシェルター。

夏キャンプを少しでも涼しく楽しむなら、
標高の高いキャンプ場や、木陰のある林間サイトがおすすめです。そこで活躍するのが、
四方に大判のメッシュパネルが付いた通気性に優れたメッシュシェルターです。
蚊帳のように使えるので虫が苦手な方もストレスなく寛げます。
さらに寒い日には冷気の侵入を軽減でき、一年中活躍するアイテムです。

雨風・虫をよけて、寒い日には冷気の侵入を軽減。
オールシーズンで快適なキャンプを実現。

フルメッシュにすることで、虫を気にすることなく、
外光を取り込んだ明るく快適なリビング空間ができあがります。また四方のパネルを閉め切ることで、
冷気の侵入を軽減でき、寒い日にもあたたかくキャンプを楽しめます。

簡単設営と居住性にこだわった
シェルターとテントのセット。

初心者も設営しやすい超定番テント「アメニティドームM」と、通気性に優れ、開放感のあるメッシュシェルターをセットに。季節を問わず、快適にキャンプを楽しみたい方におすすめです。

SET-925

エントリーパックTS

¥110,000(税別)

使用人数

3〜5

設営時間

40

オンラインストアで見る特設サイトはこちら
  • POINT 01

    エントリーシェルターの新定番

    従来のメッシュシェルターの魅力を引継ぎつつ、フレームワークなどを⾒直し、今まで以上に建てやすく、快適に過ごせるよう改良した新モデルです。大判のメッシュパネルによる優れた通気性はそのままに、ベンチレーションの機能性を向上、テントと接続できるドッキングパネルと日差しの強さや結露を軽減するルーフシートも備えています。暑い季節だけでなく、寒い季節でもオールマイティに活躍するシェルターです。

  • POINT 02

    通気性に優れた⼤きなメッシュパネル

    メッシュシェルターの魅⼒は、前後左右に⼤きく開くメッシュパネル。全⽅位に配置されたメッシュのおかげで通気性に優れ、夏も涼しく快適なリビングが作れます。また視界も広く、見やすいので、外で遊ぶ子供たちの様⼦をシェルターの中からでも確認しやすいつくりです。「暑い時期もキャンプを楽しみたいけど、⾬や⾍は苦⼿!」という⽅におすすめです。

  • POINT 03

    初心者も建てやすいシンプルなフレーム構造

    アメニティドームもメッシュシェルターも、フレーム構造がシンプルで、初心者でも簡単に設営ができるよう設計されています。またテントと連結する際も、アタッチメントなどは使わないので、すばやく可能です。設営時間が短く済むほど、ゆったり寛いだり、キャンプを楽しむ時間が増え、初めてのキャンプを成功へと導いてくれますよ。

夏のキャンプを、快適に過ごす。
スタッフの実体験に基づく9つのアイデア

はじめてのキャンプを
楽しむポイント

前日までの
準備

はじめてのキャンプを成功させる秘訣は、入念な事前準備です。当日キャンプ場で困らないための外せないチェックポイントをご紹介します。

  • 初心者にやさしい
    高規格なキャンプ場を選ぼう

    水回りやトイレがきれい、お湯が使える、シャワー完備など、設備の整った高規格なキャンプ場なら初心者さんも快適に過ごせます。ただし人気が高いので早めの予約がおすすめ。

  • まずは家から近い
    キャンプ場を選ぶのもあり

    忘れ物に気づいたときや、どうしてもお家に帰りたくなったときに備えて、はじめてのキャンプはお家の近くだと安心です。移動距離が長いと子どもたちが飽きてしまう場合も。

  • 食事は適度に手を抜いて
    キャンプを楽しもう

    たくさん遊びたい子どもが一緒だと、食事にこだわるのはなかなか大変。家で作った料理を持参するなど、適度にラクをして、まずは自然の中で家族と過ごす時間を優先させましょう。

  • 子どもが喜ぶ
    オモチャを持参しよう

    設営や撤収のとき、お父さんやお母さんが子どもの相手をできないときの強い味方になります。

  • 服はたっぷりと
    用意しよう

    夏とはいえ、キャンプ場では朝晩はまだ冷え込みます。少し暑いかな?くらいの準備が安心です。

  • 周辺環境の
    下調べをしておこう

    買い出しに便利な最寄りのスーパーはもちろん、万が一に備えて病院なども事前にチェックを。

  • 公園などで事前に
    設営の練習をしよう

    設営が一番心配という人も多いはず。公園などで練習をして、あらかじめ慣れておきましょう。

1日目の
ポイント

1日目はテントの設営や夕食の準備など、やることが盛りだくさん。楽しみながら行なっていきましょう。夜は焚火の時間にゆっくり浸ってみてください。

  • 12:00|食材の買い出し

  • 12:30|チェックイン

  • 13:00|セッティング

  • 14:00|フリータイム

  • 15:00|お昼寝

  • 16:00|夕食の準備

  • 18:00|夕食

  • 19:00|焚火で家族団欒

  • 20:30|就寝

2日目の
ポイント

いつもと違う朝の目覚めを迎えたら、まずは朝食の準備から。挽きたてのコーヒーの香りが食欲を誘います。キャンプサイトの撤収はゆっくり楽しみながら行ってみましょう。

  • 6:30|起床

  • 7:00|朝食

  • 10:00|撤収

よくあるご質問