ダブルウォールにもかかわらず950g。
快適な居住空間を生んだ
ストレスフリーの山岳用テント「ラゴPro.air 1」。

ラゴPro.air 1は人の動きを妨げないギリギリのサイジングと大胆なフレームワークにより、ダブルウォールでありながら1kgを切る軽量化を実現したソロ用テントです。トレッキングポールでフレームを代用すれば700gという超軽量を実現しました。

SSD-730ラゴ Pro.air 1

品名 ラゴ Pro.air 1
品番 SSD-730
価格 ¥42,800 (税別)
セット内容 テント本体、コの字フレーム(×1)、メインフレーム(×2)、サブフレーム(×1)、ジュラルミンペグ(×9)、自在付ロープ(×2)
材質 フライシート/20Dシリコンポリエステルミニリップストップ・PUコーティング耐水圧1,500mmミニマム、インナーウォール/20Dポリエステルミニリップストップ、ボトム/30Dナイロンリップストップ・PUコーティング耐水圧1,500mmミニマム、フレーム/ジュラルミンA7001(φ9.5mm)
収納サイズ φ14×33cm
重量 メインフレーム有/950g(ケース・ペグ含まず)、メインフレーム無/700g(ケース・ペグ含まず)
対応人数 1名
オンラインストアで見る

STORY
開発ストーリー


スノーピークが考える山岳用テント。開発時に守られる基準。

山岳の世界には、ウルトラライト(超軽量)を求めるカテゴリーがある。長期的な使用は求めず、機能を極限まで削ぎ落とすことで軽量化を可能としている。しかし、スノーピークはユーザーの視点から以下の2点を基本軸として必要ギリギリのラインで機能やスペックを取捨選択している。それが「耐久性」と「快適性」だ。

FUNCTION
機能について

  • 寝起きだけではなく作業のしやすさを考慮した作業スペースという考え方。

    寝起きの他に、翌日の準備などテント内での作業が強いられるため、テントの高点を後方にオフセット。目の前に広いスペースが生まれるように設計しています。

  • 付属のフレームをトレッキングポールで代用可能。700gを実現。

    3本つなぎのフレームで自立する設計です。付属のフレームを使用した場合は950g。フレームはトレッキングポールでも代用可能で、その場合700g。フレームが接触する生地の部分は補強されており、テント自体の三角の頂点にテンションをかけることでフレームを固定します。また、非自立式ですが、前後にテンションをかけながら固定するだけで簡単に設営することができます。

  • シリコンコーティングを施し、高い撥水性能と軽量化の両立に成功。

    耐水圧を高くすればそれだけ重量が増していきます。軽量化を図るためにあえてこれまでよりも低い耐水圧の生地を採用。その生地にシリコンコーティングを施すことで、これまでと同等、またはそれ以上の撥水性能を誇りながらも、軽量化を実現しました。さらに、耐水圧が低い生地は抵抗が少なく、しなやかで設営がしやすいというメリットもあります。

  • インナールームに小型のLEDランタンを吊り下げられるループ付き。

    夜間作業しやすいように、インナールームには小型のLEDランタンを吊り下げるループを装備。室内灯としても利用可能です。