2020.09.15

テレビ東京「ガイアの夜明け」をご覧の皆さまへ。

2020年9月15日(火)に放送のテレビ東京「ガイアの夜明け」をご覧いただき、スノーピークにご興味を持っていただきました皆さま、コーポレートサイトにお越しいただき、ありがとうございます。

番組で紹介いただきました、「Snow Peak LAND STATION HAKUBA」、そして、全国各地で展開しております体験事業についてご紹介させていただきます。

Snow Peak LAND STATION HAKUBAについて

白馬村内の交通・商業の中心に位置し、白馬三山の雄大な景色を望む広々とした敷地には、「店舗エリア」「野遊びエリア」「イベントエリア」の3エリアを展開。野遊びの楽しさと周辺地域の魅力を体感できる場として発信しています。
北アルプスの峰をイメージした屋根と、木の枝と雪の結晶をモチーフとした独特の木組みが象徴的な当施設は、全体の意匠設計を世界的建築家、隈研吾氏が担当しています。
テラスや外空間を最大限に広く取り、北アルプスの雄大な山岳風景を眺めながら、外で過ごす時間を存分に楽しめるデザインが特徴。"ニューノーマル"時代の新たな野遊びの案内所として、ここでしか得られない特別な体験を提供します。

番組内でご紹介いただきました、気軽にアウトドア体験をお楽しみいただけるレンタルサービス「Snow Peak GO」もこちらからご予約いただけます。

「LAND STATION HAKUBA」特設サイトへ

LAND STATION HAKUBA 定休日|毎週水曜日

Snow Peak LAND STATION HARAJUKU について

ナビゲーターの松下奈緒さんにお越しいただいた店舗は、2020年6月、東京・原宿にオープンした「Snow Peak LAND STATION HARAJUKU」です。
ここは、スノーピークのフィルターを通して日本のローカルの魅力を発信する案内所。スノーピークのアウトドアギア、アパレルのほか、私たちがこれまで携わってきた、さまざまな地域で出会った"いいもの"を集め、その土地の自然の美しさや人々の暮らし、その土地に根付く風土・歴史とともに皆さまにご紹介しています。

「LAND STATION HARAJUKU」特設サイトへ

LAND STATION HARAJUKU 定休日|不定休 ※ウィズ原宿の休館日に準ずる

テレビ東京「ガイアの夜明け」放送について

<放送>

2020年9月15日(火)22:00~ テレビ東京系
※地域によって放送日時が異なります。
テレビ東京「ガイアの夜明け『新しき田舎に泊まろう!』」番組詳細ページへ

<番組について>

「ガイアの夜明け」は、経済の現場で奮闘している人たちを通して、様々な経済ニュースの裏側に迫っていく経済ドキュメンタリー番組です。
テレビ東京系での放送のほか、オンデマンドでの視聴も可能です。
詳細は、番組ホームページよりご参照ください。

テレビ東京「ガイアの夜明け」公式サイトへ

株式会社スノーピークについて

人間もひとつの
自然だと気づく。
その体験が、
人間性を回復してくれる。

見たこともない世界にいたとしても進むべき道がわかる。帰るべき場所がわかる。
そんな野生の感覚を、人間はもともと持っています。
行き過ぎた便利と多過ぎる情報に飲み込まれいつも何かに忙しく追われている気がする日々に、
次第に傷つき失われていく野生の感覚。
キャンプは、その野生の感覚を思い出させてくれます。
自然を感じ、自然を旅し、自然に深く包まれることで人間もひとつの自然だと気づく。
人生にそんな野遊びの体験があることで、野生の感覚を取り戻し、人間性を回復できる。
私たちは、そう信じているのです。

私たちが届けたいのは
道具の先にある体験。

根源的な人間の営みに近い体験、それがキャンプ。
キャンプは個人の人間性を回復するだけでなく
家族や、友人、仕事仲間との絆も深めてくれます。
人と人とのつながりを感じると、人は幸福を感じます。
人と自然をつなぎ、人と人をつなぐ。
それも、私たちスノーピークの使命です。

大都市から大自然まで、地球上のあらゆる場所に、
生まれたばかりの小さな子どもから、
経験を重ねたお年寄りまで、人生のあらゆる時間に、
人間もひとつの自然だ、と気づく体験を広げてゆけたら、
人生の価値は、どこまでも高めていける。

そこでスノーピークは、グランピングやキャンピングオフィス、
地域に根付いた文化や風土に触れる旅行プランなど、
キャンプフィールドを飛び出して、
自然指向のさまざまな体験価値を提供しています。

スノーピークを通して
人間性を回復するよろこびを知る人を
一人でも多く増やすことを目指し、
そのきっかけとなる体験=Snow Peak Experienceを、
これからも創造し続けます。

あらゆる人、あらゆる場所に
人生を豊かにする野遊びの時間を届けたい。

「人生に、野遊びを。」