知っていると頭がやわらかくなる、アウトドア的思考のレッスン1Q. ハサミを使わずにロープを切るには?

ロープを切りたいけれど、ハサミがない。

荷物の中にもハサミに代わるものはなくて、目の前にロープしかありません。
そんな時、あなたならどうしますか?


A. ロープ同士の摩擦熱を利用する。

実は、ロープだけでハサミを使わなくても切ることができるのです。

切りたい部分が体の真下に来るように両足でロープを地面に押さえつけ、切断したいポイントにもう一本のロープをくぐらせて引っ張り上げながらロープ同士をこすり合わせます。すると、摩擦熱が発生し、これを利用することでロープを切ることができます。

このように、自然の中では専用の道具がなくても解決できることはたくさんあります。

例えば、林の中では木の葉がより多く茂るほうが南、切り株の年輪の幅の狭いほうが北です。方位磁石がなくても、ある程度方向が分かるのです。
キャンプに慣れている人なら知っている方も多いかもしれませんが、BBQで着火剤がないときは、松ぼっくりを集めて点火すれば代用できます。
 
便利な道具がないときこそ、人間の知恵の使いどきです。万が一の時も頭をやわらかく働かせて、落ち着いた行動のできる人こそ、アウトドアパーソンなのです。


スノーピーク監修『自然にふれて取りもどす 人間の基本』(マガジンハウス、2015年)