LOCAL LIFE TOURISM
in INUJIMA

本ツアーは定員に達したため受付を終了いたしました。
たくさんのお申し込みをいただき、誠にありがとうございました。

犬島 くらしの植物園/写真:井上嘉和

世界を虜にするトップシェフによる
プレミアムディナーを、
自然とアートが交錯する犬島で開催。

その土地ならではの食材や食文化に触れることで、
今まで知らなかったその土地の風土や生活を、体に取り入れる。

世界の美食家をうならせる北欧の革新的レストラン「noma」とともに、
北欧料理の新たな食文化“New Nordic Cuisine”をけん引した
食を愛するトップシェフが、今回の旅の同行者。
自然を愛す、オーガニックアンバサダーが
瀬戸内の豊かな自然に育まれたローカル食材を用い、至極の一皿を提供します。

犬島の織り成す季節の中で移ろい続ける植物園が、一夜限りの晩餐会場。
完成された見学型植物園ではなく、島民や来訪者によって絶えず開墾されながら、
自然とともに生きる歓びを発信していくアート作品です。

自然、文化、歴史、建築、アート。
この島の在り方を心と身体、食を通じて知る24時間。
生きること、食べることの価値観を揺さぶられる特別な体験に、
どうぞご期待ください。

Allan Haunstrup|アラン・ハウンストロップ

「世界一のレストラン」に4度輝いたデンマークのレストラン「noma」が牽引する北欧料理の新たな食文化“New Nordic Cuisine”の礎を築いた一人。オーガニック食材とローカルプロデュースに徹底してこだわり、デンマークの他、キューバ、ドミニカ共和国、モスクワなど各国でもレストランを手掛ける。現在は、オーガニック食材の農家と、レストランを直接つなぐネットワークづくりにも携わる。

LOCAL LIFE TOURISM in INUJIMAについて

LOCAL LIFE TOURISMは、誰かにとって当たり前の暮らしの風景の中にテントを張り、その土地の暮らしの記憶を追体験することで、「人間らしい生き方」を探る旅。

最初の旅先は、かつて日本の産業近代化に革新的な役割を果たした遺構をそのまま残しながら、「遺産、建築、アート、環境」による新たな地域創造のモデルとして再生した岡山県・犬島。

瀬戸内海に浮かぶ、歩いて回れるほどの小さな島に、移住者を含む50人程度の島民が生活しています。「ベネッセアートサイト直島」の舞台の一つでもあるこの島に根付くのは、「在るものを活かし、無いものを創る」という考え。アートや建築が集落に点在し、自然エネルギーを活用した環境や、自然とともにあるこの島の人々の生活は、わたしたちにこれからの生き方、未来のあり方を考え直すキッカケを与えてくれるでしょう。

目の前に広がるのは瀬戸内海。犬島の歴史・文化を肌で感じられる場所に、その日の寝床を建てます。目に映る景色、波の音、潮風の匂い、何もかもが日常とは異なる環境で、全ての感覚をリセットして、この島の風土、文化、生活と向き合います。

犬島精錬所美術館

銅をつくりながら、その過程で出る廃棄物を再利用してカラミ煉瓦をつくりだしていた、かつての犬島製錬所。そして現代に残されたその遺構はこの島のシンボルとなり、建築、アート、環境が循環する新たな施設「犬島精錬所美術館」として再生しました。「在るものを活かし、無いものを創る」。今を生きる私たちに必要なものは何か、この島の過去と未来を行き来しながら考えていきます。

プレミアムディナー

夕食は、犬島の風土や文化に根ざし、ハーブガーデンや農園を有する「犬島 くらしの植物園」が会場です。この植物園自体が、長く使われていなかったガラスハウスを中心に約4,500㎡の土地を再生した、建築家・アーティスト「妹島和世+明るい部屋」によるアート作品。その作品の中に、この日限りのダイニングが出現します。

そして腕を振るうのは“世界一のレストラン”として名高く、世界中の美食家から愛されるノルディック・レストラン「noma」とともにデンマークの食文化の進化に貢献してきたトップシェフ Allan Haunstrup氏。豊かな自然に育まれた瀬戸内の新鮮食材を用いて、アウトドアならではの薪料理で、特別な食体験をみなさまにご提供します。

妹島和世+明るい部屋

2010 年から公開されている犬島「家プロジェクト」に携わってきた建築家・妹島和世と、犬島「家プロジェクト」(S邸・A邸・I邸)の植栽を手がけた「明るい部屋」。彼らの新たな取り組みとして、「犬島 くらしの植物園」が誕生しました。
「明るい部屋」は、自身も移住して犬島に身を置きながら、さまざまな人との関わり合いの中で植物園をつくりあげています。島の方々や各地から訪れた多くの人の手を通じて、長い時間をかけてひとつの環境を作り、島と来訪者の新たな関係性を生み出す場の創出を進めています。
犬島 くらしの植物園の詳細(ベネッセアートサイト直島のサイト)

ナイトハイク&焚火ラウンジ

島の夜を知るのも、この旅の醍醐味。夜の闇に包まれ、昼間とは異なる表情を見せる島の中で、点在するアートをめぐり、この島独特の世界により深く入り込んでいきます。打ち寄せる波の音、潮風を感じながら眠りにつく瞬間、まぶたの裏にはどんな情景が浮かぶでしょうか。

朝日に包まれて、大地の真上で迎える朝。どんなホテルでも味わえない、人間らしい気持ちのよい目覚めが待っています。自分の目で見て、手で触れて、あらゆる感覚をフル活用して体験した旅の記憶は、深く心に刻まれることでしょう。旅の終わりには、まだ見ぬ世界が広がっています。めくるめく体験を、ぜひ、あなたと。

募集要項

会場 犬島 くらしの植物園 ほか
〒704-8153 岡山県岡山市東区犬島53
開催日時 2019年5月18日(土)~19日(日) 1泊2日
募集定員 10組(先着順)
募集期間 2019年4月12日(金)より開始(先着順)
イベント料金 大人1名(13歳以上) 53,800円(税込)
子供1名(7~12歳) 29,800円(税込)
※未就学児無料
※イベント料金には瀬戸内国際芸術祭2019の会期中、芸術祭の参加作品(施設)を鑑賞することが可能な「3シーズンパスポート」が含まれています(子供は鑑賞無料)。
※犬島チケットセンターまでの移動手段につきましては各自でご手配ください。
犬島へのアクセス(ベネッセアートサイト直島のサイト)
主催 株式会社スノーピーク

イベント日程

1日目

2日目

※コンテンツ内容・実施時間は予告無く変更する場合がございます。予めご了承ください。

食事 2食(1日目:夕食、2日目:朝食)
体験 トップシェフ/オーガニックアンバサダーによる地場食材のスペシャルディナー
アート作品鑑賞(犬島精錬所美術館、犬島 くらしの植物園ほか)
宿泊 テント(弊社製品アメニティドームがベースになります。1組1張りとなります。人数によりテントのサイズを変更いたします。)

主催・実施

Snow Peak

株式会社スノーピーク

〒955-0147 新潟県三条市中野原456
TEL.0256-46-5858 FAX.0256-46-5860
ホームページ https://www.snowpeak.co.jp/